古家智嗣の萌えスロ養分日誌

古家智嗣です。大学生やってます。このブログでは、自分の萌えスロ養分稼働を書いていきたいと思います。どこまで負債が伸びるのか?見守ってくれたらうれしいです。

自分はパチンコ屋が潰れたのを見たことがない。

こんにちは、古家智嗣です。

 

最近はぼちぼち稼働も上がっています。

2.5スロや2スロだと店や機種が限定され過ぎるので、

5スロや6.25スロあたりにも手を出しています。

さすがに20スロに戻るつもりは起きませんが、

以前よりずいぶん選択の幅は広がりました。

 

今回は、自分の体感と統計とのズレを書いていきたいと思います。

 

これまで何度も指摘してきたように、

パチンコ産業の衰退を示す証拠として、

しばしば店舗数の減少があげられます。

 

実際、統計上は1995年に18000以上あった店舗が、

2017年には10000を割り込むまでに減少しており、

これは動かしがたい事実のようです。

 

しかし、自分の体感は随分と違います。

以前書いた通り、自分はマイナーな萌えスロが好きなこともあり、

設置店を探して様々な店に出向いています。

今まで合計18店舗。結構な数です。

しかし、これらの店舗は現在もすべて残っており、

1軒たりとも潰れた店を見たことがありません。

 

勿論自分も大学生なので、

パチンコ歴は3年弱くらいしかなく、長くはありません。

しかし、20年強で半数近くに落ち込む勢いであれば、

3年程度で知っている店が1軒2軒潰れてもおかしくないはずです。

しかし、現実はそうではありません。

ついでに言えば、潰れたパチンコ屋の跡地とかもほとんど見ません。

 

従って、地域性などがあるのかもしれませんが、少なくとも自分の体感では、

統計ほど店舗が減少しているようには感じられず、

様々な記事が煽っているような衰退を実感することはありません。

 

客数に関してもそうです。

 

わずか3年弱とはいえ、この間パチンコもスロットも規制・規制の連続、

更には等価から非等価への移行など、客に不利な改正の嵐です。

そのたびに、「絶対勝てねえ」「誰が打つか」「パチンコ完全死亡」

などの書き込みがあふれていることは周知のとおりです。

 レジャー白書などでも、遊技人口の減少が明白に記されています。

 

が、ホールの客が本当にそれほど減っているかというと、

そういう印象はありません。

大学生という立場上平日に通うと、さすがにシマ全体が空席だったり、

「まあ、こんなものか」と思える客数のことはありますが、

土休日にガラガラな店は見たことがありません。

これだけ何もかにもが渋くなっているのに、

客の減少も実感しないのが現実です。

 

実際は統計は統計、すなわちどこかでパチンコ屋は潰れ、

どこかで客足は遠のいているのでしょう。

でも、自分自身しては、

「これだけあちこちに店があるのによくどこも客がついているなあ」、

 というのが正直な感想です。

 

減少・衰退・崩壊・・・様々に言われるネガティブな言葉が、

どこ吹く風という気もしますね。

 

 

追記:

2018年に入り、自分の贔屓にしていた低貸専門店が2軒連続で閉店しました。

確かに低貸専門の経営は難しいと思います。

自分の場合、5千円負けることも稀で、1万円負けは一度もありませんでした。

レート自体が4分の1や8分の1の上、レートが低いと大負けする前に

当たる可能性も高いので、なおさら負けにくくなります。

だからといって、人件費・店舗維持費・新台費用などを一般店の

4分の1以下にするのはほぼ不可能です。

こう考えると、仕方ないのかもしれません。

ただ、これはあくまで低貸専門店の話。

閉店の波が一般レートの店舗に及ぶかは、今後の注視事項ですね。

ちなみに、自分は突然行き場がなくなったので戦略再考中です。

メインとなるレートを引き上げるしかないでしょうか。   

 

 

更に追記:

最近興味深いデータを見つけました。それは稼働率です。

言うまでもなく、営業時間内に稼働しているパチンコ・パチスロ機の比率です。

2018年4月の稼働率は全国平均で31.4%とか。

(地域別では九州の33.6%が最高で、四国の29.2%が最低)

これを高いとみるか低いとみるかは人によるでしょう。

しかし、客の入りにくい平日朝昼なども含めて3台に1台ペースの

稼働があるという結果は、十分高い部類ではないかと思います。

ちなみに、他の記事でも触れた通り店舗数の減少は明らかですが、

遊技機総数はここ5年位450万台強でほとんど変わっていません。

(店は減っているが台数はほとんど減っていないのが現実)

従って、稼働率の推移を見ていけば遊技者数が本当に減っているのか

どうかも明らかになります。

今まで注目していなかった統計ですが、今後はしっかりと見ていきたいですね。