古家智嗣の萌えスロ養分日誌

古家智嗣です。大学生やってます。このブログでは、自分の萌えスロ養分稼働を書いていきたいと思います。どこまで負債が伸びるのか?見守ってくれたらうれしいです。

パチンコ屋は客に負けてもらうのが仕事

こんにちは、古家智嗣です。

 

最近はぼちぼちホールに通っています。

が、この間打った台が今日にはなくなっているという状況です。

マイナー台がすぐに消え去っていくのは仕方がないのですが、

打ち手側としては寂しい限りですね。

 

さて、今回は長々と文章を書くつもりはありません。

なぜなら、言いたいことはタイトルで言いつくしているからです。

 

自分の通うホールの中には、「幸運をお祈りします」的な字句が

壁面に書かれているところがあります。

その他も似たり寄ったりで、出玉や幸運を煽る看板や広告はあっても、

出なさをアピールする店は一つもありません。

しかし、本心は全くそうではありません。

なぜなら、パチンコ屋は客の負けで成り立っているからです。

当たり前中の当たり前なのですが、

これを分かっていないと奇妙な誤解が生まれます。

 

そもそもパチンコ屋とは、

客は勝ってお金を儲けたいと思って行く場所、

店は客の負けで儲けたいと思っている場所です。

両者の利害は完全に対立しています。

そして、この客と店の綱引きは、一時的に客側に傾くことはあっても、

最終的には必ず店側が勝利します。

当然ですよね。

客側が勝つホールは存続できるはずがないのですから。

従って、娯楽の提供などというソフト面を考えずに純粋に金銭で言えば、

客と店がWin-Winの関係になることはなく、Loseは必ず客側に起こります。

この点を理解して、パチンコ・スロットははやればやるほど負けるのが

普通なのだ、という考えに行き着くことが大事だと思います。

 

他の賭け事にも言えることですが、ギャンブルの負けをギャンブルで

取り返そうとして、更にドツボにハマる人は多いです。

そもそも、ギャンブルはすべて胴元側が儲かるようにできており、

投資よりも少ないリターンを奪い合うという、

普通にお金を稼ぐよりも不利な状況の争いです。

従って、ドツボにハマるのは。至極当然のことなのです。

楽して儲けようとする心をうまく逆利用されていると言えるでしょう。

 

やはり、人生そう甘くはないものですね。