古家智嗣の萌えスロ養分日誌

古家智嗣です。大学生やってます。このブログでは、自分の萌えスロ養分稼働を書いていきたいと思います。どこまで負債が伸びるのか?見守ってくれたらうれしいです。

2017年上半期の損失は37000円!・・・だけどほとんど2.5スロだから…

こんにちは、古家智嗣です。

 

養分日誌と言いながら、稼働状況をほとんど書いていなくてすみません。

今回は、久しぶりに稼働報告をしたいと思います。

 

早いもので、2017年も半分を過ぎました。

この機会に、上半期の稼働状況を計算してみたところ、

投資額:115400円

換金額:78400円

損失額:37000円

という結果が出ました。

 

え、スケールが小さいって?

確かに20スロを打っている人からすれば、一日でこれ以上の金額に

なることも珍しくないと思います。

 

でもこれ、ほとんどが2.5スロの結果なんです。

たまーに5スロをやったりしますが、逆に更に低い2スロのケースもあります。

20スロは一度もやっていません。

 

従って、基本20スロの8分の1レートなので、上記稼働結果を8倍すると、

投資額:923200円

換金額:627200円

損失額:296000円

となります。

大体週1.2回ペースであることを考えると、こんなもんじゃない?

という数字になりますね。

 

しかーし…損失額37000円と聞くと少なそうですが、20スロに換算してみると

約30万円の負けですか。

年間だと60万円。

このペースだと5年で300万円。

つまり車が買える勢いでパチンコ産業にお金を払う。

長い目で見ると家が買えるレベルまで行くかもしれない。

 

一方、2.5スロならば車が買えるレベルまで何十年とかかります。

家なんて水準には一生なりそうもありません。

そう考えると、レートを落として長く楽しむのも一つの手かもしれません。

 

ただ…低レート専門店は絶対に勝てないんですよ。

 

自分が負けている要因として、低レートゆえに設定やゾーン狙いなど一切考えず、

打ちたい時に打ちたい台を遊んでいるという部分もあります。

 

しかし根本的な要因は、自分が通う低レート専門店が

基本6.25枚交換だという点にあります。

6.25枚交換の場合、400枚は500枚に、500枚は625枚にしなければ

トントンになりません。

要求される出玉率は125%です。

正直、常時設定6を打っていなければ勝つのは無理でしょう。

が、設定が入っているかというと、入っていません。

設定6どころか、1だろと思う挙動も少なくないのが現状です。

ある意味、ぼったくりであることは間違いありません。

 

ただ、ホール側の事情を考えると仕方ないんですよね。

 

一般的な20スロだと、一台で一日5万円以上利益を出すことも珍しくありません。

ところが2.5スロや2スロの場合、1万円どころか5千円さえなかなか負けません。

従って、利益率が圧倒的に低いのです。

 

単純に考えると、5スロが最高のホールの売り上げは、

一般的な20スロメインのホールの4分の1です。

ところが、新台入替・スタッフ人件費等ホール維持費を

4分の1に削れるかというと、それは無理があります。

従って、どこかでホールが儲かる仕組みになっていないと存続できません。

そのしわ寄せが、換金率に来ているというわけです。

 

こう考えると、低レート専門店は損失こそ少ないものの、長い目で見て

勝つことは不可能であり、少しずつ負けが積みあがっていくことになります。

これをどう見るかですよね。

 

自分の場合は、引きの強さも攻略を考える頭もないので、

月1万にいかない位ならば、遊べるだけいいと思っています。

でも、引きも頭も強い人であれば、その必要もないかもしれませんね。

 

ちなみに、近隣にないので未調査なのですが、ホールによっては

20スロメインなのに2スロや2.5スロがある店も存在するようです。

こういうホールだと、低レート専門店のような利益率の苦しさが

ない分どうなんだろう…と思いますね。

 

いずれ通ってみたいと思います。