古家智嗣の萌えスロ養分日誌

古家智嗣です。大学生やってます。このブログでは、自分の萌えスロ養分稼働を書いていきたいと思います。どこまで負債が伸びるのか?見守ってくれたらうれしいです。

ネットゲームから見るパチンコの甘い罠

こんにちは、古家智嗣です。

資金難のため、相も変わらず低稼働で申し訳ありません。

その分ネットゲームにハマったりしてますが・・・。

ただ、ゲームをやっているとなぜパチンコにだけ特別にお金を

消費してしまうのかが不思議になってくるんですよね。

今日は、その理由を考えていきたいと思います。

 

ネットゲームといっても今や多種多様なゲームが存在します。

ちなみに自分がよくやるのはスマートフォンだと、「ガールズ&パンツァー

戦車道大作戦」や、「アイカツフォトオンステージ」などです。

あと、PC系でもいくつかやりますが、基本的に自分が興味あるものだけ

やるため、人気作品などには疎いです。

 

さて、こうしたゲームの特徴は今更説明するまでもないですが、

基本プレイは無料ですが、課金をすることでゲームを有利に進める

アイテムやカードなどが入手できるという仕組みです。

ランキング等で他人と上位を争ったりする場合は課金必須ですし、

ゲームによっては無課金だと一定以上進まないケースもあります。

 

これについては賛否両論ありますが、ゲームをする以上対価を支払うのは

当然というのも一理ありますし、いくらでも複製可能な単なるデータに

大金をつぎ込むのは馬鹿らしいというのもまた正論でしょう。

 

では自分のスタンスはどうでしょうか。

自分は「今まで」お金を支払ったことはなく、すべて無課金です。

ただ、その理由はタダでできるものは無料でするのが当然などという、

ケチな考え方とは違います。

 

知っての通り、ほとんどのネットゲームでは課金すれば必ず目的の

アイテムやカードが得られるものではありません。

名称はゲームによって色々ありますが、大抵いわゆる「ガチャ」

を引く権利が得られるだけです。

そして、その結果が必ずしも望むものになるとは限りません。

 

自分はこの部分が気に入らないので課金しないのです。

 

例えば、パッケージのゲームはお店で対価を払えば必ず手に入ります。

また、「アイカツ」をゲームセンターでやっていた時期もありましたが、

レアなカードがほしいときは、ヤフオク等で落札していました。

この場合も、現物のカードが必ず手に入ります。

(しかも、無茶な競争をしなければ自然排出よりも安いです)

 

一方、確率の抽選をくぐらなければならないとすれば、課金額も算定しにくく

確実性がありません。

いくら支払えばよいのかわからないままにお金を投入するのは、通常の金銭感覚

とは言えません。ですから、自分は課金しないのです。

勿論そのようなスタンスですので、必要なものが必ず、

かつ妥当な価格で手に入るとすれば、将来課金側に回ることもありえます。

そのため、「今まで」という限定をつけたのです。

 

ところで、ここまで考えてみてふと気づいたのが、パチンコ・スロットでは

なぜそれが守られていないのかということです。

確率の抽選をくぐらなければならないものにお金を投入するのは馬鹿らしい

という文章を書いておきながら、パチンコ屋ではそれをやってしまっています。

 

この理由を考えてみたのですが、なかなかはっきりとはわかりません。

 

ただ、大きな原因として、パチンコ・スロットは投入額以上が返ってくる

ケースがあるからではないかと思います。

 

ネットゲームの場合、何度も課金してようやくガチャを当てたとしても、

その間のお金が返ってくることはありません。

ところが、パチンコやスロットではハズレの山を引いても、一度の当たりで

外れた分はおろかそれ以上の金額が戻ってくる可能性があります。

 

この差が、普段はできる金銭感覚が狂ってしまう要因ではないでしょうか。

 

しかし、結果で見るとどうでしょうか。

 

上記の通り、今までネットゲームでかかった費用は電気代くらいでほぼ0です。

何件か前に触れたPS3ゲーム「マージャンドリームクラブ」の場合も、中古3980円  

で250時間以上遊べています。1時間当たりたった10円台です。

他に200時間以上遊んだゲームもあるので、PS3本体価格を考慮しても

1時間100円にさえなりません。

一方パチンコ・スロットは、遊技時間がはっきりしないところもありますが、

推計で1時間当たり700円程度負けています。

今年は調子が悪いため、1時間当たりの負け額は3000円に上る月もあります。

しかも、何も残りません。

 

こうしてみると、投資した資金が返ってくる可能性があるパチンコ・スロットが

実は圧倒的にコストパフォーマンスが悪いという現実を突き付けられます。

案外、人間というものは、単純な消費の方が全うな金銭感覚を出せるのかも

しれませんね。

 

そうすると、パチンコ屋には「もしかしたら遊びながら儲かるかもしれないよ」

という甘い蜜で誘い出されているのが真実なのではないでしょうか。

やはり、世の中そう甘くはありませんね。